弘邦医院お知らせ

赤ワインについて

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは「赤ワイン」です。 若い女性を中心にブームになっていたことを覚えている人もおられるでしょう。かつてはクリスマスのレストランでは赤ワインで乾杯するカップルが結構いたように思います。中高年の男性のなかには若い女性をレストランに誘い、飲みなれない赤ワインを付き合わされて閉口したという方もおられるかもしれません。 ではなぜ赤ワインがブームになったのでしょうか? それは赤ワインが動脈硬化予防になると話題になったからです。フランス人はバターや肉といった動物性脂肪をたくさん摂っているのに心筋梗塞などの心臓病による死亡率はヨーロッパで最も低い。それはフランス人が赤ワイン好きで、ポリフェノールが豊富な赤ワインが悪玉LDLの酸化を邪魔して動脈硬化を防いでいるからだと聞かされたからです。 しかし、賢い人なら「ちょっと待てよ。日本人はフランス人並みに心臓病になる人が多かったっけ?」と考えるはずです。いや考えるべきでした。そうすれば、赤ワインが動脈硬化予防に役立つのが本当であったとしても、赤ワインを飲むことが日本人の健康に決してプラスにならないことに気づいていたはずです。 まず、日本人は慣れない赤ワインをわざわざ飲まなければならないほど心臓病が多いわけではありません。心臓病の発生率は世界でも低い方で、心臓病による死亡率もフランス人よりも下なのです。つまり、本当にフランス人が心臓病などを起こす動脈硬化予防のために赤ワインを飲んでいたとしても、フランス人よりも心臓病のリスクが低い日本人が真似する必要はありません。 む

カテキンについて

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは「カテキン」です。 健康に関心のある人ならお茶に含まれる苦み成分であるカテキンの効果をご存じでしょう。 ポリフェノールの一種で、体に良いとされています。その効果のひとつが抗酸化作用です。 活性酸素が人体の組織を攻撃するのを防ぎ、その力はビタミンCやビタミンEの数倍から数十倍あるなどと言われています。抗ウイルス効果、コレステロールを下げる効果、血糖を下げる効果、殺菌効果などもあると言われています。がんリスクも下げるという話もあって、緑茶の生産地として有名な静岡県のある地域では、胃がんにより死亡率が全国平均の5分の1ほど低いとの報告もなされています。 ただし、昔から「緑茶は心筋梗塞や脳卒中の発症リスクを抑える」という話がありますが、最近は正しいとはいえないようです。国立がん研究センターなどが参加したコホート研究は、血中のカテキン濃度と心筋梗塞や脳卒中とは関係ないとしています。 とはいえ、緑茶に含まれるカテキンが身体にいいことは確かです。どんな飲み方をすればいいのでしょうか? 実はカテキン類は一定以上の温度がないと溶け出しにくい成分で、90度以上の熱いお湯でお茶を入れないとカテキンの成分がお茶のなかに溶け出していきません。ですから健康のことを考えて緑茶を飲みのなら90度以上の熱いお湯でお茶を入れなければなりません。 しかし、おいしさを楽しむのなら50度程度の低温でじっくり入れるよう心がけましょう。これは、うま味成分であるアミノ酸を多く出して、カテキンのような苦み成分をあまり出さないようにするた

ゲノム医療について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは「ゲノム医療」です。 初めて耳にした人もおられると思います。ゲノムとは遺伝子とすべてと言う言葉を合体させた造語で、DNAに含まれる遺伝子情報全体を指す言葉です。ゲノム医療は患者さんのがん細胞の遺伝子を網羅的に調べて、その結果をもとに患者さんに合った診断・治療法を効率的に行う医療のことです。 朝日新聞によると、「ゲノム医療」を探るための遺伝子検査システムの製造販売が近く承認されることが決まったそうです。しかも、来春には公的医療保険が適用される見通しです。 では、この遺伝子検査システムが導入されると一体がん治療はどのように変わるのでしょか? がんとは遺伝子の病気です。どこかの遺伝子が変異することで、正常とは違うたんぱく質が作られて、際限なく自己増殖していくがん細胞が生まれます。そこで新たに承認される遺伝子検査システムはがん細胞の遺伝子を1度に100種類以上調べて、どの遺伝子に変異が起きているかを分析。患者さんのがん細胞に適した薬を選ぶというものです。 最初は固形がんで再発や進行して標準的な治療がうけられない患者さんや希少がんの患者さんに限られるそうですが、がん治療はさらに進歩していくことになります。 正常な細胞を装って人が持つ免疫組織からの攻撃を免れようとするがん細胞に対して、再び攻撃させる薬(オプジーボなど)の開発が進んでいます。いよいよがんと共生する時代に入ってきたと言うことでしょうか。

感染症状況について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、今週も感染症状況(49週=12月3日~12月9日)からスタートです。 まずは、インフルエンザをみてみましょう。 厚労省が今月7日に発表した「インフルエンザ様疾患発生報告」(第14報)によると、 学級閉鎖学校数は216校(前週86校)と急増しています。 欠席者数3779人(前週1287人)は昨年同期の6992人より少ないものの 前週の3倍増です。江戸川区のホームページに掲載されたインフルエンザの患者数は 小児で31件、成人で5件。前週は各1件でしたからいよいよインフルエンザは シーズンに突入したということでしょうか? A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は依然として葛西地区での増加が目立ちます。 葛西地区では直近の一医療機関当たりの報告者数は9・3人(前週5・8人)と 前週より3・5人増えています。感染性胃腸炎は江戸川区全体の一医療機関 当たりの届け出数は前週より6・6人から増えて9・9人と増えています。 水痘は小松川地区の一医療機関当たりの届け出数が2・7人と前週の0・0から 増えました。手足口病は一医療機関当たりの届け出数は0・8人で、 5週前の1・7人をピークに落ち着いています。リンゴ病の一医療機関 当たりの届け出数は1・6人で変わりません。その他感染症に大きな変化はありません。 当院ではインフルエンザワクチンを受け付けています。ご希望の方はご相談ください。

痛みの治療とVR(仮想現実)について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは「痛みの治療とVR(仮想現実)」についてです。 みなさん、そろそろクリスマスプレゼントは決まりましたか? 私達の子供の頃はバットやグローブといった類でしたが、 最近はタブレットやドローンなどを欲しがるお子さんが多いそうです。 今年、注目なのはスマホにセットして使えるVRゴーグルや 本格的なヘッドセットが人気だそうです。 「ああ、ゲームに使うのだろう」と思う人もいらっしゃるでしょうが、 いまはさまざまな分野で使われようとしているそうです。 例えば、ハーバード大学では19世紀の街並みを再現したVRを製作、 当時の世界にタイムスリップさせて科学を学ばせる「VR社会見学」を 子供たちに体験させ、学習意欲を向上させることに成功しました。 このVRは医学の分野でも応用されようとしています。 例えば、VRで本番前に手術の練習をする、歯の治療を嫌がる子どもを診察台で 大人しくさせるため、VRで気をそらせ、その間に治療する、 などが日本でもすでに行われています。 VRが応用できる医学分野はさまざまですが、とくに期待されているのが痛みの治療です。 鎮痛剤や医療用麻薬など痛みを取る薬はたくさんありますが、長期間使用すると だんだん効かなくなる、依存性が出るなど、副作用が出るなどさまざまな問題が起こります。 それを避けるために、鍼灸やマッサージ、瞑想などの手段がありますが、 なかなか痛みを取るのは大変です。 そこで注目されているのが気をそらせる治療です。痛みが出たときに上の空にして、 痛みへの集中を妨げるという

塩分と高血圧について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは「塩分と高血圧」です。 皆さんのなかには、「塩分を取り過ぎると血圧が高くなるからお味噌汁を控えている」という方も大勢おられるでしょう。血圧とは血管にかかる負荷のことで、血圧高くなると心臓や脳の血管が破れたり、詰まったりします。 塩気の強い食べ物を摂ると、のどが渇いて水をたくさん飲みます。これは血液中に塩に含まれるナトリウム濃度が高くなり過ぎるため、水で薄めようと脳が指令を出すためです。そうすると体のなかに取り込んだ水が血液量を増やすため血圧が高くなるというわけです。もちろん、過剰に摂った水分がナトリウムと共に尿として排出されると、ナトリウム濃度や血圧は元に戻ります。 とはいえ、同じ塩をとっても塩気を強く感じる人とそうでない人がいます。塩分を取ると誰もが血圧が高くなるというのは、本当でしょうか? 実は、塩(=塩化ナトリウム)を摂ると血圧が高くなるというのはすべての人に当てはまるわけではありません。塩の感受性が高い人は確かに血圧が高くなりますが、そうではない人は、血圧が上がるとは限らないのです。塩と血圧の関係はいまだにはっきりとした結論は出ていないのです。 そもそも塩分を摂ると血圧が高くなると言い出したのはダールという人の疫学研究からと言われています。彼は日本やエスキモーの人たちの食生活を調べて、塩分をたくさん摂る地域の人たちは血圧が高いという図を作成し、発表したのです。彼はその仮説を実証するために、マウスを使った実験を行います。塩分を多く含んだ注射を静脈に行い、マウスの血圧を測定したのです

騒音について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは「騒音」です。 健康のため食事や運動を気にしている人は多いと思いますが、騒音に囲まれた生活をしていると心筋梗塞や脳卒中といった命に関わる血管の病気のリスクが高まります。 実際、WHO(世界保健機関)はすでに、騒音公害は大気汚染に次ぐ、深刻な環境汚染だと言い、その問題点を指摘しているのです。 今年の米国心臓協会年次集会で、幹線道路沿いや空港周辺といった高い騒音レベルの地域に住んでいる人は、騒音レベルが低かった人に比べて心血管疾患の発症リスクが3倍以上に上ったと報告されました。騒音レベルが高い環境に住む人は扁桃体の活動レベルが高く、動脈の炎症レベルも高かったそうです。 なぜ、騒音があると扁桃体が活発になり、血管に負担がかかるのでしょうか? 理由のひとつは、騒音が脳の奥にある扁桃体を刺激するからです。扁桃体が刺激されると、それから逃れる準備をするために副腎から心拍数や血圧を高めるノルアドレナリンやアドレナリンといったホルモンが分泌されます。それによって心臓や血管に負荷がかかるのです。さらにこれらのホルモンは動脈硬化性のマクロファージの働きを増強するために炎症反応が強くなり、血栓を作ったりします。それが血管を詰まらせたり、破たんさせたりする原因となるのです。 騒音が心臓や脳の血管の病気を引き起こす可能性が高くなることは過去の調査でも明らかになっています。例えばスウェーデンのルンド大学の研究チームが同国南部の都市の交通騒音を調べた結果毎日平均60デシベルを超える交通騒音にさらされると、高血圧のリス

こむら返りについて

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは「こむら返り」です。 水泳中や激しい運動をしたときにおきるイメージがあるかもしれませんが、安静にしているときでも起きます。伸びをしたときや、就寝中、あるいはちょっとふくらはぎに力を入れたら突然激痛に襲われ、こむら返りになったという人も少なくありません。 こむら返しのこむらとはふくらはぎの筋肉のことで、こむら返りとは痛みを伴う筋肉のけいれんを指します。原因は脱水や電解質異常が考えられます。 では、こむら返りを予防するにはどうしたら良いのでしょうか? ひとつは下半身を冷やさないことです。冷やすと血のめぐりが悪くなって足がつる原因になります。夜中につると言う人は厚手の靴下などを利用したり、使い捨てカイロを使ったりするのもいいかもしれません。 牛乳、小魚などを積極的に摂ることも大切です。これらの食べ物にはカルシウムが豊富で筋肉の収縮や神経伝達に役立っています。カルシムが不足しないよう心がけましょう。 また、汗をたくさんかくと、血液が濃くなって血めぐりが悪くなる上、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類も失われ、こむら返りになりやすくなります。運動するときや飲酒後には、水分とミネラル類を一度に補給できるスポーツドリンクを飲むなどするのも手です。 なお、こむら返りは健康な人でも起きますが、「たびたび起きる」うえ「ふくらはぎ以外でも起きる」という人は病気が隠れているかもしれません。注意が必要です。 例えば、糖尿病や肝硬変、甲状腺機能低下症、脊髄性筋委縮症や多発神経炎といった神経の病気、下肢静脈瘤など

感染症状況について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、今週も感染症状況(47週=11月26日~12月2日)からスタートです。 先週同様、インフルエンザをみてみましょう。厚労省が今月7日に発表した「インフルエンザ様疾患発生報告」によると、全国の学級閉鎖学校数は86校、昨年同期が277校でしたから今年は昨年に比べて流行が遅いと言えるかもしれません。欠席者数1287人は昨年同期の4177人よりかなり少ない数字です。江戸川区のホームページに掲載されたインフルエンザの患者数は小児で1人、成人で1人でした。A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は葛西地区での増加が目立ちます。葛西地区では直近の一医療機関当たりの報告者数は5・8人と前週より1・0人増えています。感染性胃腸炎は江戸川区全体の一医療機関当たりの届け出数は前週より0・4人減って6・6人となりました。水痘は鹿骨・東部地区の一医療機関当たりの届け出数が0・2人と前週の1・8から減少しました。手足口病は一医療機関当たりの届け出数は0・7人で、5週前の1・7人をピークに落ち着いています。リンゴ病の一医療機関当たりの届け出数は1・2人とやや増えました。小松川地区で2・3人から4・0に増えたことが大きかったようです。その他感染症に大きな変化はありません。 冬の感染症はこれからが本番です。手洗い、うがいを徹底しましょう。

悪夢について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは悪夢です。 悪夢を見るのは日々ストレスにさらされた大人のように 思いがちですが、実は子供に多く、6~10歳がピークといわれています。 成長に伴い悪夢を見る頻度は減っていきますが、 それでも数%の人は悪夢に悩まされるといわれています。 ところが中高年になると、再び悪夢を見る人が増えてくるようです。 実際に当院を訪れる、ご高齢の患者さんのなかには「悪夢」に 悩まされる方が少なくありません。あるご婦人は、毎晩、 人に追いかけられる夢を見る、亡くなった知人が出てくる、 などとおっしゃいます。若い頃は夢など見る間もなく、 ぐっすり寝られたのに…とこぼしておられました。 なぜ、人は年を取ると悪夢を見るのでしょうか? 理由のひとつは年を取ると寝ている途中で 目が覚めることが増えるからです。 人は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を 繰り返すと言われています。一般的にレム睡眠の最中に 目が覚めると夢を見ることが多くなり、悪夢を見やすくなるといわれています。 実は高齢の方はおしっこのために夜起きなければならない 夜間頻尿の人が大勢います。実際、約4500万人の人が尿のために 夜中に1回以上起きていると言われています。 年をとって悪夢を見る理由のひとつは夜間頻尿にあるのです。 では、なぜ年を取ると夜間頻尿になるのでしょうか? 理由のひとつは年を取ると夜間に多尿になるからであり、 もうひとつの理由は少量の尿しか膀胱に貯められなくなるからです。 背景には病気があります。例えば年を重ねると糖尿病になる人が

口舌ジスキネジアについて

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは「口舌ジスキネジア」です。 始めてお聞きになる方も多いことと思います。 ジスキネジアとは自分の意志とは無関係に身体の どこかが勝手に動いてしまう付随運動の総称です。 「口舌ジスキネジア」は、そのなかでも口周囲の顔面筋、 舌筋、咀嚼そしゃく筋に、持続して同じ動きを繰り返す不随意運動のことです。 症状は口をもぐもぐさせる、舌を出したり引っ込めたりする、 歯を食いしばるなどがあります。その結果、歯を摩耗させたり、 入れ歯を傷つけたり、口に痛みを感じたりします。なかには舌を動かさないよう 歯に押しつけるため、舌先に痛みを訴えられる患者さんもおられます。 ただ、おしゃべりしたり、食べ物を噛んだり飲み込んだりすることに 支障を感じることは多くはないようです。そのせいか、 単なる高齢者特有動作と考えられがちです。 その原因はさまざまですが、とくにこうした症状を起こしているひとのなかには 薬を飲んでいる患者さんに多く、抗うつ剤や睡眠薬、パーキンソン病治療薬などで 起こることが多いと言われています。抗うつ剤や睡眠薬が原因の場合、 飲み始めてかなり時間が経ってからか、飲むのを止めた後に症状が表れるため、 遅発性ジスキネジアと呼ばれています。 薬以外では中枢性のものもあり、統合失調症、アルツハイマー病、認知症、 自閉症などさまざまな病態が引き金になるといわれていますが、 ラクナ梗塞もそのひとつです。 ラクナ梗塞は、日本人の脳梗塞の半分を占めるもので、脳の深い部分の 細い動脈が詰まる脳梗塞です。症状を起こさない

運動について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは運動です。 皆さんのなかには健康作りに運動をしている という方も大勢おられると思います。 ひと口に運動といっても散歩、ジョギング、マラソン、 水泳、ゴルフ、テニス、バドミントン、サッカー、トレッキング…。 さまざまな種類があります。では、最も健康長寿につながる運動は何でしょうか? 米国の有名病院「メイヨー・クリニック」が今年9月に発表した研究があります。 伝パークの首都コペンハーゲンに住む人を対象に、スポーツや身体活動と 死亡リスクの関連を25年間追跡調査したものです。 それによると、座りがちな生活をしている人に比べて、テニスをしている人が 9・7年、サッカーをしている人は4・7人、サイクリングをしている人は3・7年、 水泳をしている人は3・4年、ジョギングをしている人は3・2年も平均的に長生きだったそうです。 もちろん、このような運動ができる人はもともと健康な人ですから、 この研究だけで、このスポーツをしたら長生きできる、と単純に 結論付けられるものではありません。大将がデンマークに住む人ですから、 そこで人気のないスポーツは対象となっていませんから必ずしもテニスが すべてのスポーツのなかで一番長生きできるスポーツというわけでもありません。 ただ、この研究論文で気になることは自分と向き合い一人だけで完結するスポーツ、 水泳、ジョギングといったスポーツは運動量のわりに意外に平均余命を 延ばしていないということです。逆に相手がいるスポーツであるテニスや サッカーは平均余命を延ばしています。

感染症状況について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、今週も感染症状況(47週=11月19日~11月25日)からスタートです。 まずインフルエンザをみてみましょう。全国的には33道府県で前の週より 報告の増加がみられました。3県で増減がなく、11都県で減少しました。 警報レベルの地域はありませんが、注意報レベルを超えている保健所地域は 長崎県の1カ所でした。全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数の推計は 前週の1・3万人から1・8万人に増加したと考えられています。 江戸川区のホームページに掲載された直近の数字は一医療機関当たりの 届け出数は0・1人でした。A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は葛西地区を中心に 増加しており、直近の一医療機関当たりの報告者数は2・1人と前週より0・5人 増えています。感染性胃腸炎も増加していて一医療機関当たりの届け出数は 前週より1・3人増えて7人となりました。 水痘は鹿骨・東部地区でのみ一医療機関当たりの届け出数が1・8人と前週の 0・2から急増しました。手足口病は一医療機関当たりの届け出数は0・7人で、 5週前の1・7人をピークに徐々に落ち着きつつあります。 リンゴ病の一医療機関当たりの届け出数は1・0人です。 その他感染症に大きな変化はありません。 冬は感染症が多い季節です。手洗い、うがいは徹底しましょう。

お知らせ
アーカイブ
タグ
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
デジタルタブレットを使用してドクター
初診受付
reception

※ED治療は新橋の

ファイトクリニック

でも受診できます

Tel

​03-3686-8651