弘邦医院お知らせ

食事に伴う汗について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 本日のテーマは食事に伴う汗です。 激辛のカレーやラーメンを食べると顔や頭の中、 唇の上や鼻の頭などに汗をかきます。なかには、 汗の量が異常に多く、普通に食事をしただけでも 滝のような大量の汗を滴らせる人もおられます。 普通、こうした汗は、辛味成分が原因です。辛子の主成分は カプサイシンという物質です。これを含んだ食べ物を口にすると 口腔内にある高温に反応する温度センサーが刺激され、 その信号が神経回路を介して痛みと熱の感覚を脳に伝えます。 ところが、その途中で脳の体温調整中枢から顔の汗腺に 下向する発汗神経を刺激して、反射的に顔に汗が出るのです。 激辛ラーメンのスープを飲むと汗の量が一層多く出るのは、 カプサイシンの「痛み」とスープの「熱」がダブルで 高温センサーを刺激するからです。 そもそもこのシステムは口腔内を極端な高温などから 守るためのものですが、頭をスッキリさせる作用があります。 顔や頭に汗をかくことで、汗をかいた部分の皮膚が冷却され、 冷えた血液が脳に流れ込みます。その結果、脳がスッキリするのです。 もちろん、食事をすると、体内での熱産生量が増えるため辛味成分が なくても汗をかきます。とくに栄養素の中ではタンパク質が最も 多く熱産生を行うため肉を食べると汗をかきやすいのです。 こうした汗は誰にでも起こる生理現象のひとつですが、 その程度がひどい人は味覚性多汗症という病気かもしれません。 味覚の刺激が過度に働くため、通常の味覚性発汗に比べて 異常なほど分泌されるのです。 この味覚性多汗症を引き起こ

失神について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは失神です。 「気絶」「気を失う」などさまざまな呼び方がある失神は、 学生が朝礼などで起こす失神のイメージが強く、 中高年には関係ないように思われるかもしれませんが、 間違いです。トイレやお風呂などで多くの中高年が 失神してケガをしたり、命を落としたりします。 失神とは、脳全体の血液の流れが低下し、 一時的に意識が失われることを言います。 普通は失神してから数秒から数分以内に後遺症を 残すことなく回復しますが、けいれんをおこしたり、 大怪我をしたりすることもあります。 失神の原因はさまざまです。心臓の病気が 原因になることもあれば、自律神経の調整がうまくいかず 失神することもあります。あるいはてんかんや 脳卒中といった脳や神経の病気、低血糖によっても失神はおこります。 冬はとくに失神することが多いので注意が必要なのです。 例えば、中年男性に多い失神に、排尿失神があります。 お酒を飲んだ日の夜中に尿意をもよおしてトイレに起きて、 排尿中あるいは排尿後に失神が起きます。これはおしっこを ギリギリまで我慢したことで上がった血圧が、おしっこを出したことで 下がったうえ、腹圧も下がるため、 脳と臓器を結ぶ迷走神経反射を起こしてしまうからです。 このタイプの失神はほとんどの場合、完全に回復して後遺症を 残すことはありません。心配なのは、意識を失って倒れた際に 頭や顔面を強打することです。排尿中に失神し便器で頭や顔面を強打すると、 頭蓋骨(ずがいこつ)の骨折や硬膜下血腫を起こすことがあります。 オシッコ

剣道について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは剣道です。 私は剣道の経験はありませんが、剣道は生涯スポーツとして 優れた点がいくつもあるようです。 他のスポーツと比べて高齢者でも続けられること、 大声を出せること、剣道教室など他の年代との交流が あること、出場した大会があることなどです。 実際、京都学園大学健康医療学部の研究者がまとめた 「高齢の剣道高段者における健康・体力と生活状況」という論文には 興味深いことが書かれています。京都市内在住の60歳以上の3段から 8段までの275人の生活状況を調査し、同年代の一般男性のうち 運動をしている群(運動群)としていない群(非運動群)と比べたものです。 それによると、開眼片足立ち,10 m 歩行速度,BMIを除けば, 身長や体重などの体格面や垂直跳び、握力などの体力面での値で 最も高いのは剣道群で,以下運動群,非運動群の順だったそうです。 また、剣道群275名,運動群213 名,非運動群81 名における 生活状況調査については、日常役割機能、身体の痛み、活力、 全体の健康感、社会生活機能、心の健康のいずれもが 剣道群が高かったと報告しています。 面白いのは、“非常に健康”とするのは剣道群が22・5%あったのに対して、 “あまり健康でない”“健康でない”としたのは非運動群でそれぞれ12・3%、 1・2%だった。体力への自信も剣道群の13・8%が“大いに自信あり”に対して “少し不安”“大いに不安”は非運動群がそれぞれ33・8%、3・8%と高率でした。 うつに対しては剣道群が“なし”が92・2

テレビゲームについて

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマはテレビゲームです。 クリスマスが近づき、プレゼントとしてテレビゲームをお願いされている人も多いのではないでしょうか? なかには「ゲームを買い与えると注意散漫でキレやすくなるのでは」と心配されている方も多いと思います。 では、テレビゲームに熱中すると本当に「注意散漫でキレやすくなる」のでしょうか。 実は必ずしもそうではないようです。2000年代の初めに、 メディアで「ゲーム脳」が話題になりました。脳には前頭前野という部位があります。 知性や理性、創造性を担い、感情のコントロールを担当する場所です。 ゲームに熱中する子供は日常的に前頭前野の活動が低下した 「ゲーム脳」状態とする仮説が注目されたのです。 ところがその後、この仮説は批判され、認知能力を調べると前頭前野を 使う課題はゲーマーの方がむしろ成績が良いなど多数のメリットが報告されているのです。 世界的科学雑誌「ネイチャー」に一人称視点のシューティングゲームをする人は 視覚的注意という認知能力が高いことが報告されたほか、ゲームによっては、 ある課題から別の課題にスムーズに切り替える認知的柔軟性、問題解決能力、 空間能力、かつては懸念された我慢強さや粘り強さなども鍛えられるなどの報告がなされています。 むろん、長時間テレビゲームをすれば勉強や仕事の時間が奪われるなどの弊害はあります。 また、ネットで無料配布されているゲームの大半は武器やキャラクターをお金で買うことで ゲームの進行を早めるシステムを取り入れています。こうしたゲームは、 よほど

リンゴ病について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマはリンゴ病です。 頬が赤くなるためこの名前で呼ばれていますが、 正式には「伝染性紅斑」と言います。 ウイルス性の病気で、原因はヒトパルボB19ウイルスです。 りんご病は、生後半年から患者さんがみられるようになり、 5歳前後をピークとして幼児期の子どもに流行する傾向がある病気です。 患者さんの唾液や鼻水などに触れて、それが自分の口や鼻の粘膜などに 付着したり、飛沫を吸い込んだりして感染します。 感染から10~20日間潜伏した後、頬に赤い発疹があらわれ、 手や足にも網目状の発疹が出ます。 また、成人では頬が赤くなることはありませんが、 風邪にかかったときのように関節痛や全身に倦怠感がみられます。 妊婦さんが感染すると、本人には自覚がなくても、 胎盤を通じて胎児が感染、流産や死産になることがあります。 そんなリンゴ病が流行の兆しをみせています。 国立感染所研究所の患者報告数が33都府県で増加が報告され、 宮城県では警報基準の2倍超が報告されています。 東京都も全国平均を上回る患者数が報告されており、 11月22日に「感染症 ひと口情報 伝染性紅斑が流行しています!」 とホームページに掲載、警戒を呼び掛けています。 予防は、手洗いと咳エチケットです。手洗いは指や爪の間も丁寧に洗い、 できれば手首の上まで洗いましょう。子供の多い病気なので、 子供と接することの多い人はとくに注意が必要です。 妊娠中または妊娠の可能性のある女性は、風邪症状の人との接触は避ける、 保育園等の送り迎えは控えるように心がけま

盲腸について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は祝日の為休診です。 さて、本日のテーマは盲腸です。 かつてはその働きがよくわからず、ムダな臓器と 考えられてきた時期もありましたが、最近はその重要性が 認識されています。最近話題なのは、 「盲腸を切除すればパーキンソン病を予防できるのではないか?」 というものです。 欧米のパーキンソン病患者160万人以上の データベースを分析したところ、盲腸手術を受けたことのある人は、 そうでない人に比べてパーキンソン病の発症リスクが約19・3%も 低くかったというのです。ほかにもパーキンソン病を発症した人のうち 30年以上前に盲腸手術を受けていた人は、それ以外の人に比べて 発症が約3・6年遅かったという分析も明らかになっています。 パーキンソン病は、国の難病に指定されている病気です。 その多くが原因不明の神経変性疾患で、手足の震え、歩行困難、 発語障害、睡眠障害、うつ症状、認知機能障害、痛みなども表れるといわれています。 盲腸にはパーキンソン病の発症に関わる、特殊なたんぱく質の 材料がたまっていることから、切除が予防につながる可能性が指摘されているのです。 その一方で、盲腸には免疫を高める効果や善玉腸内細菌の“隠れ家”になっています。 そのせいか、切除した人は術後3~4年に 大腸がんの発症リスクがアップするとの研究報告もあります。 人間の身体は合理的にできていて、一見ムダに見えても、役に立たない臓器などないようです。

靴ずれについて

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは靴ずれです。 新しい靴を履いたりしたときにできる靴ずれですが、 思わぬ病気を発症することがあります 。例えば毒素性ショック性症候群という病態です。 突然の高熱、全身の紅斑、嘔吐、下痢などの全身症状を起こします。 傷口や手や指、鼻など皮膚に普通にいる黄色ブドウ球菌が 作る毒素が引き起こします。ある若い男性の症例が報告されています。 この男性は左足に靴擦れができて水泡が破れたままにしていたところ、 数日後に吐き気やむかつきを覚えたそうです。 病院で診てもらったところ体温が40度近くまで上昇、 眼が真っ赤に充血していました。しかも、左足の水泡の場所から 内またにかけて左足全体に痛みがあり、しびれも訴えたのです。 その後、血圧が急激に低下し、紅斑も出たそうです。 緊急入院後の検査で、この男性は毒素性ショック症候群と 診断されました。幸い、抗菌剤の集中投与で難を逃れましたが、 下手をすると命を失っていたかもしれません。 免疫力のある若い男性ですら、こんなことが起きるのですから、 免疫力が相対的に低下する中高年は気をつけなければなりません。 糖尿病の人は靴擦れが原因で足潰瘍ができて、 最悪足の指や足を切断が必要になるケースもあります。 たかが靴ズレと軽く考えてはいけません。 高齢や糖尿病の人は受診しましょう。

逆流性食道炎について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は午前エレベーター点検の為休診でした 午後の診察は行います。 さて、本日のテーマは逆流性食道炎です。 お酒を飲むとすぐにゴロ寝してしまう。 気持ちはよくわかります。 しかし、これは逆流性食道炎になりやすい生活習慣です。 逆流性食道炎とは、強い酸性の胃液や、胃で消化中の 食物が食道に逆流して食道の粘膜がただれその一部が 喪失するなどして、胸やけや胸の痛みなどの症状が生じる病気です。 昔の日本人はあまりみられなかった病気ですが、 食事や生活様式が欧米化されることで、急激に増えています。 恐ろしいことに逆流性食道炎は食道がんを発症させる原因だと いわれています。食道の粘膜は扁平上皮、胃や腸は円柱上皮という 粘膜に覆われています。逆流性食道炎などで炎症を起こして傷つけられた 食道の扁平上皮が、胃と同じ円柱上皮で置き換えられたものを バレット粘膜と言います。これが存在する食道をバレット食道といい、 食道がんのリスクが高いといわれています。 健康な人では胃液や胃の内容物が食道に逆流しないように、 食道と胃のつなぎ目には下部食道括約筋と呼ばれる筋肉があり、 食べるときには緩んで食べ物を胃へ入れ、それ以外のときは閉じています。 仮に胃液や胃のの内容物が逆流しても、衝動のぜん動運動(消化管が 胃の収縮運動などによって肛門方向に食べ物を運ぶ動き)によって、 逆流した胃の内容物をすばやく胃にもどします。また、唾液を飲みこむなど して食道を胃液などから守るのです。 ところが、逆流性食道炎の人は、下部食道括約筋の筋力が弱いのか、 胃酸が強力なためか、あるいはその

糖尿病による感染症について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は平常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは糖尿病による感染症です。 みなさんは糖尿病というとどのようなイメージをお持ちでしょうか? 太った人がかかる病気、口やのどが渇く病気、オシッコが 泡立つ病気などとイメージされている人も多いことと思います。 しかし、これは半分正しくて半分間違いです。 糖尿病は痩せている人でも発症しますし、 オシッコが泡立ったとしてもそれだけで糖尿病と判断できません。 糖尿病は食事で体に吸収された糖分が、身体のなかで使われず 血液中に高い濃度のまま留まっている病気です。 それが身体のあちこちに悪さをして多くの合併症を発症します。 そのひとつが、感染症です。糖尿病が感染症にかかりやすく 重症化しやすいのは、血糖が白血球や免疫細胞の動きを阻害するからです。 体内に入ってきた病原菌を健康な人のように殺すことができません。 糖尿病の人が感染しやすい主な感染症は、歯周病や風邪や インフルエンザといった呼吸器疾患などのほか、皮膚の感染症、 胆道感染症などです。問題は本来健康な人ならかからない感染症にも かかりやすくなることです。例えば、外陰カンジダ症です。 カビの一種であるカンジダ菌がデリケートゾーンに大繁殖する病気です。 女性の糖尿病患者さんに多い病気です。 また、尿路感染症も健康な人はそれほど多くはありませんが、 糖尿病の患者さんによくみられる病気です。糖尿病由来の神経障害がある人は、 排尿がうまくいかず尿が滞る場合があり、尿路感染にかかりやすいと言われます。 膀胱炎は、糖尿病の男性で約5%、女性で約10%で、糖尿病

感染症状況について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は通常通り、午前・午後です。 さて、今週も平成30年11月5日(月曜日)から 11月11日(日曜日)までに、江戸川区内の医療機関で 診断された感染症状況から、みてみましょう。 まずは法律で全症例を報告しなければならない感染症です。 1類感染症 報告なし 2類感染症 結核12例 3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症1例 4類感染症 E型肝炎1例 5類感染症 百日咳2例 (※1類・危険性が極めて高い、2類・危険性が高い、 3類・危険性は高くないが集団感染の可能性がある、 4類・国民の健康に影響を与えうる、5類・国が情報提供などで 感染拡大を防止すべき感染症のこと) 結核は前週の5例から倍増しました。 風疹は前週2例、前々週1例からゼロになりました。 E型肝炎は新たに出た感染症です。 インフルエンザは小岩地区で小児が1例報告され、成人では報告はありません。 咽頭結膜炎は全区で13件報告され、 感染性胃腸炎は全区で151件報告されています。 いずれも小松川地区での増加が目立ちます。 インフルエンザは東京都全体では184件報告され、前週より101件増えています。 江戸川区では目立ちませんが、手洗いなど予防のための対策はきちんと行いましょう。

脳出血について

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は通常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは、脳出血です。 脳の発作である脳卒中は3つに大別されます。 脳の血管が詰まる脳梗塞と脳の外側を覆う蜘蛛膜と 脳の間のすき間にできるくも膜下出血、それに脳内の血管が 破れて出血する脳出血です。以前は脳出血の方が 多かったのですが、最近は脳梗塞が増えています。 日本人が肉を食べるようになって血管が丈夫になったことに 加え高血圧の治療が進んだことで、脳卒中の患者さんが減ったからです。 とはいえ、脳出血が怖い病気であることに変わりはありません。 脳出血を発症すると、急に頭痛や吐き気、嘔吐のほか、 左右の四肢の麻痺がおこります。麻痺が進行すると、意識が低下し、 最悪、昏睡状態になり、命を失うことにもなりかねません。 出血そのものが止まったとしてもあふれた血液が周辺の脳細胞に ダメージを与えます。また、遠くの脳細胞も血流の低下から傷つくため、 出血後時間が経った後に麻痺などの後遺症が出る場合があります。 脳出血の最大の要因は高血圧ですから、予防法は血圧を上げる 塩分の摂取を抑えることや肥満の防止ということになります。 そして血圧を短時間で急に上げるトイレでのいきみにも注意が必要です。 50代過ぎると女性だけでなく男性も慢性便秘が増え、 トイレでいきむことが増えてきます。 食物繊維の多い食事や毎日体を積極的に動かすなどをした方が良いでしょう。

ストーマについて

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は通常通り午前・午後です。 さて、本日のテーマは、ストーマ(人工膀胱)です。 先日、キャスターの小倉智昭さん(71)が自ら司会を務める 情報番組で膀胱がんにより膀胱を全摘することを発表されました。 ご覧になられた人も多いことでしょう。 膀胱を全摘すると、尿をためる場所がなくなるので、 手術でお腹に穴をあけて尿をためる袋を 身体の外側に設けるのが一般的です。 ストーマとは手術によっておなかに新しく作られた、 便や尿の出入り口を言います。人工肛門や人工膀胱により いくつか種類がありますが、何か機械によって特別なことを するわけではありません。 自分の腸や尿管から直接、便や尿を外に排出するのです。 膀胱には尿を貯める以外に、尿がしたくなる(尿意)や それをがまんしたり、自分の意志で尿をする機能があります。 ところが、ストーマにはそれがありません。腎臓から絶え間なく 作られる尿がから絶えず流れてきます。それを受け止めるのが体外に つけられたストーマ装具です。 ストーマ装具は直接肌に触れる皮膚保護材の板と便や尿を 受け止める袋からできています。皮膚保護材の板は、皮膚に直接排泄物が つかないようにするためのもので、汗や排泄物の水分を吸収する働きが あります。装具は防臭、防水効果があります。そのため、匂いの発生や 排泄物が漏れて衣服が汚れるようなことはありません。 装具の交換はタイプによります。 毎日、3~5日、7日間などさまざまです。 夜は十分な睡眠をとるため、夜用の蓄尿袋を使います。 なお、ストーマをつけたからといってお風呂に入れないわけではあり

ナッツについて

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日の診療は通常通り、午前・午後です。 さて、本日のテーマは、ナッツです。 最近、スーパーやコンビニでナッツ類のコーナーが出来ているのを お気づきでしょうか?理由はテレビやラジオの健康番組や雑誌などで、 「ダイエットやお肌に良い」などと紹介されているからです。 実際、慶応大学医学部教授の井上浩義先生の研究では、 5か月間男女8名に毎日25粒のアーモンドを食べてもらう以外、 食事も運動も普段と変わりなく過ごしてもらった結果、 平均で2・9kgのダイエットに成功したそうです。 ナッツとは木の実のことで、具体的にはアーモンドや カシュ―ナッツなどを指します。 地中で育つ豆類のピーナツはナッツではありません。 では、どんな栄養素が含まれているのでしょうか? アーモンドでみてみましょう。 アーモンドで最も注目される栄養素はビタミンEです。 100g中31・1㎎も含まれています。 比較的ビタミンEが多いと言われる穀物やナッツ類のなかで 一番多い量となります。ビタミンEはアンチエイジングビタミンと 呼ぶ人もいるくらい、若さに関係します。抗酸化作用があるため、 活性酸素の毒素から体を守り、生活習慣病の予防になるとされています。 また、血液の循環を良くすることから、血行不順による肩こりや頭痛、 冷え症の改善や肌を若々しく保つことを期待する人もいます。 食物繊維も豊富で100gあたり10・4gも含まれています。 これはごぼうの倍に当たります。糖質の急激な吸収を抑え、 便秘気味の人にはとても良いとされています。 アーモンドの半分は良質な脂質で、不飽和脂肪酸です。 その

インフルエンザについて

こんにちは、弘邦医院の林です。 今日は、通常通り午前・午後の診療です。 さて、今日の話題はインフルエンザです。 インフルエンザはインフルエンザウイルスがのどや気管支、 肺などに感染増殖することで発症する病気です。 感染者の半数は9歳以下の子供や幼児です。 しかし、亡くなる人の大半は65歳以上の高齢者です。 季節性インフルエンザの流行期は11月~12月から始まり ピークは1~3月ですから、とくにこの時期の 子供と高齢者は注意が必要です。 インフルエンザ予防は手洗いと顔洗いが基本です。 インフルエンザウイルスは最も効果があるのは インフルエンザワクチンです。 効果は打ってから2週間ほどであらわれ、 5か月ほど継続します。 接種したからといって感染しないわけではありませんが、 重症化が防げると言われています。 注射による通常のインフルエンザワクチンは 生後半年以上13歳未満であれば、 1シーズンに2回の接種が推奨されています。 打ってから4週間後に再接種するとブースト(免疫増幅)効果が 最大になるからです。 65歳以上の人で毎年インフルエンザワクチンの注射を打っている人は1回接種です。 ここでインフルエンザワクチンについての注意点をご説明します。 まず、ワクチン接種後30 分間は急な副反応が起こる場合があります。 医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。 また、インフルエンザワクチンの副反応は24 時間以内に多く出現するため、 この間は体調に注意しなければなりません。 お風呂に入っても差し支えありませんが、注射した部位を強くこすらないでください。 むろん、 接種当日は激しい運

感染症について

本日よりブログを始めます。 お時間ある方は是非ご覧下さい。 こんにちは、弘邦医院の林です。 今日は、通常通り午前・午後の診療です。 さて、今日の話題は、感染症です。 冬は感染症が多い季節です。ご存じない方も大勢おられると思いますが、 江戸川区はホームページで区内の「感染症発生動向」を公表しています。 そこで第44週平成30年10月29日(月曜日)から 平成30年11月4日(日曜日)までの報告をみてみましょう。 インフルエンザは、第44週で感染症を報告した26の医療機関のうち 小児インフルエンザは1件、成人インフルエンザは0件でした。 まだ、流行期には入っていません。 目立つのは、感染性胃腸炎です。全区で151件報告されています。 1医療機関あたりの届け出で最も多い地区は小松川の12・0件、次いで 小岩の8・3件です。感染性胃腸炎とは細菌やウイルスなどの病原体に よって起きる消化器系の病気です。 例年、これから増えていきますので注意が必要です。 咽頭結膜熱は全区で13件の届け出がありました。 小松川地区で増えているようです。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は全区で45件の届けがあり、 一医療機関の平均数は葛西が3・0件と最も多くなっています。

お知らせ
アーカイブ
タグ
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
デジタルタブレットを使用してドクター
初診受付
reception

※ED治療は新橋の

ファイトクリニック

でも受診できます

Tel

​03-3686-8651