デジタルタブレットを使用してドクター
初診受付
reception

※ED治療は新橋の

ファイトクリニック

でも受診できます

Tel

​03-3686-8651

盲腸について

November 23, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は祝日の為休診です。

 

さて、本日のテーマは盲腸です。

かつてはその働きがよくわからず、ムダな臓器と

考えられてきた時期もありましたが、最近はその重要性が

認識されています。最近話題なのは、

「盲腸を切除すればパーキンソン病を予防できるのではないか?」

というものです。 欧米のパーキンソン病患者160万人以上の

データベースを分析したところ、盲腸手術を受けたことのある人は、

そうでない人に比べてパーキンソン病の発症リスクが約19・3%も

低くかったというのです。ほかにもパーキンソン病を発症した人のうち

30年以上前に盲腸手術を受けていた人は、それ以外の人に比べて

発症が約3・6年遅かったという分析も明らかになっています。

 

パーキンソン病は、国の難病に指定されている病気です。

その多くが原因不明の神経変性疾患で、手足の震え、歩行困難、

発語障害、睡眠障害、うつ症状、認知機能障害、痛みなども表れるといわれています。

 

 盲腸にはパーキンソン病の発症に関わる、特殊なたんぱく質の

材料がたまっていることから、切除が予防につながる可能性が指摘されているのです。

 

 その一方で、盲腸には免疫を高める効果や善玉腸内細菌の“隠れ家”になっています。

そのせいか、切除した人は術後3~4年に

大腸がんの発症リスクがアップするとの研究報告もあります。

 

 人間の身体は合理的にできていて、一見ムダに見えても、役に立たない臓器などないようです。

Please reload

タグ
アーカイブ
Please reload

お知らせ

院長著書

April 25, 2016

1/1
Please reload