子どもの不登校

こんにちは、弘邦医院院長の林雅之です。本日のテーマは「子どもの不登校」です。最近、ある女性の患者さんから「相談」を受けました。高校生の孫が不登校になり、困っていると言うのです。高校生は私立高校で、学校をやめて公立高校に転入したいというのですが、東京都では私立高校から公立高校の転入制度はあるものの、私立高校を退学してから試験を受けなければならず、受からなければ高校中退になるそうです。聞けば、お孫さんが通っている私立高校は進学校として名の知れた高校です。公立高校ならどこでも良いというわけにはいかないようです。

高校の先生をしている別の患者さんにそれとなく話をすると、「恐らく、親御さんが一流大学に行け、とがみがみ言っているから子供が勉強集団の高校が嫌になるだけで、学校は楽しいはずなのになあ」と言って、自分が通っている高校が合わずに辞めた場合、通信制、定時制、高校認定、留学などの手段があることを教えてくれました。ただし、それを続けていくにはかなりの精神力が必要なのだそうです。そのため、通信制高校に行きながらそれをサポートする、サポート高校に通うのが無難なのだそうです。

人気は通信制ですが、夏休み明けには定員が一杯になるそうなので早めに動く必要があるとのこと。私は悩みを打ち明けてくれた女性の患者さんにその話をすると、「結局問題は孫ではなく、勉強を強いる娘夫婦の考え方なんですね」と言っていました。

お知らせ
アーカイブ
タグ
デジタルタブレットを使用してドクター
初診受付
reception

※ED治療は新橋の

ファイトクリニック

でも受診できます

Tel

​03-3686-8651