リンゴ病について

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は平常通り、午前・午後です。

さて、本日のテーマはリンゴ病です。

頬が赤くなるためこの名前で呼ばれていますが、

正式には「伝染性紅斑」と言います。

ウイルス性の病気で、原因はヒトパルボB19ウイルスです。

りんご病は、生後半年から患者さんがみられるようになり、

5歳前後をピークとして幼児期の子どもに流行する傾向がある病気です。

患者さんの唾液や鼻水などに触れて、それが自分の口や鼻の粘膜などに

付着したり、飛沫を吸い込んだりして感染します。

感染から10~20日間潜伏した後、頬に赤い発疹があらわれ、

手や足にも網目状の発疹が出ます。

また、成人では頬が赤くなることはありませんが、

風邪にかかったときのように関節痛や全身に倦怠感がみられます。

妊婦さんが感染すると、本人には自覚がなくても、

胎盤を通じて胎児が感染、流産や死産になることがあります。

 そんなリンゴ病が流行の兆しをみせています。

国立感染所研究所の患者報告数が33都府県で増加が報告され、

宮城県では警報基準の2倍超が報告されています。

東京都も全国平均を上回る患者数が報告されており、

11月22日に「感染症 ひと口情報 伝染性紅斑が流行しています!」

とホームページに掲載、警戒を呼び掛けています。

予防は、手洗いと咳エチケットです。手洗いは指や爪の間も丁寧に洗い、

できれば手首の上まで洗いましょう。子供の多い病気なので、

子供と接することの多い人はとくに注意が必要です。

妊娠中または妊娠の可能性のある女性は、風邪症状の人との接触は避ける、

保育園等の送り迎えは控えるように心がけましょう。

お知らせ
アーカイブ
タグ
デジタルタブレットを使用してドクター
初診受付
reception

※ED治療は新橋の

ファイトクリニック

でも受診できます

Tel

​03-3686-8651