感染症について

本日よりブログを始めます。

お時間ある方は是非ご覧下さい。

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日は、通常通り午前・午後の診療です。

さて、今日の話題は、感染症です。

冬は感染症が多い季節です。ご存じない方も大勢おられると思いますが、

江戸川区はホームページで区内の「感染症発生動向」を公表しています。

そこで第44週平成30年10月29日(月曜日)から

平成30年11月4日(日曜日)までの報告をみてみましょう。

インフルエンザは、第44週で感染症を報告した26の医療機関のうち

小児インフルエンザは1件、成人インフルエンザは0件でした。

まだ、流行期には入っていません。

目立つのは、感染性胃腸炎です。全区で151件報告されています。

1医療機関あたりの届け出で最も多い地区は小松川の12・0件、次いで

小岩の8・3件です。感染性胃腸炎とは細菌やウイルスなどの病原体に

よって起きる消化器系の病気です。

例年、これから増えていきますので注意が必要です。

咽頭結膜熱は全区で13件の届け出がありました。

小松川地区で増えているようです。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は全区で45件の届けがあり、

一医療機関の平均数は葛西が3・0件と最も多くなっています。

お知らせ
アーカイブ
タグ