弘邦医院お知らせ

November 30, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は平常通り、午前・午後です。

本日のテーマは食事に伴う汗です。

 激辛のカレーやラーメンを食べると顔や頭の中、

唇の上や鼻の頭などに汗をかきます。なかには、

汗の量が異常に多く、普通に食事をしただけでも

滝のような大量の汗を滴らせる人もおられます。

普通、こうした汗は、辛味成分が原因です。辛子の主成分は

カプサイシンという物質です。これを含んだ食べ物を口にすると

口腔内にある高温に反応する温度センサーが刺激され、

その信号が神経回路を介して痛みと熱の感覚を脳に伝えます。

ところが、その途中で脳の体温調整中枢から顔...

November 29, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は平常通り、午前・午後です。

さて、本日のテーマは失神です。

「気絶」「気を失う」などさまざまな呼び方がある失神は、

学生が朝礼などで起こす失神のイメージが強く、

中高年には関係ないように思われるかもしれませんが、

間違いです。トイレやお風呂などで多くの中高年が

失神してケガをしたり、命を落としたりします。

 失神とは、脳全体の血液の流れが低下し、

一時的に意識が失われることを言います。

普通は失神してから数秒から数分以内に後遺症を

残すことなく回復しますが、けいれんをおこしたり、

大怪我をしたりすることもあります...

November 28, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は平常通り、午前・午後です。

さて、本日のテーマは剣道です。

私は剣道の経験はありませんが、剣道は生涯スポーツとして

優れた点がいくつもあるようです。

他のスポーツと比べて高齢者でも続けられること、

大声を出せること、剣道教室など他の年代との交流が

あること、出場した大会があることなどです。

 実際、京都学園大学健康医療学部の研究者がまとめた

「高齢の剣道高段者における健康・体力と生活状況」という論文には

興味深いことが書かれています。京都市内在住の60歳以上の3段から

8段までの275人の生活状況を調査し、同年...

November 27, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は平常通り、午前・午後です。

さて、本日のテーマはテレビゲームです。

クリスマスが近づき、プレゼントとしてテレビゲームをお願いされている人も多いのではないでしょうか?

なかには「ゲームを買い与えると注意散漫でキレやすくなるのでは」と心配されている方も多いと思います。

 では、テレビゲームに熱中すると本当に「注意散漫でキレやすくなる」のでしょうか。

実は必ずしもそうではないようです。2000年代の初めに、

メディアで「ゲーム脳」が話題になりました。脳には前頭前野という部位があります。

知性や理性、創造性を担い...

November 26, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は平常通り、午前・午後です。

さて、本日のテーマはリンゴ病です。

頬が赤くなるためこの名前で呼ばれていますが、

正式には「伝染性紅斑」と言います。

ウイルス性の病気で、原因はヒトパルボB19ウイルスです。

りんご病は、生後半年から患者さんがみられるようになり、

5歳前後をピークとして幼児期の子どもに流行する傾向がある病気です。

患者さんの唾液や鼻水などに触れて、それが自分の口や鼻の粘膜などに

付着したり、飛沫を吸い込んだりして感染します。

感染から10~20日間潜伏した後、頬に赤い発疹があらわれ、

手や足にも網目...

November 23, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は祝日の為休診です。

さて、本日のテーマは盲腸です。

かつてはその働きがよくわからず、ムダな臓器と

考えられてきた時期もありましたが、最近はその重要性が

認識されています。最近話題なのは、

「盲腸を切除すればパーキンソン病を予防できるのではないか?」

というものです。 欧米のパーキンソン病患者160万人以上の

データベースを分析したところ、盲腸手術を受けたことのある人は、

そうでない人に比べてパーキンソン病の発症リスクが約19・3%も

低くかったというのです。ほかにもパーキンソン病を発症した人のうち

30年以上前...

November 22, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は平常通り、午前・午後です。

さて、本日のテーマは靴ずれです。

新しい靴を履いたりしたときにできる靴ずれですが、

思わぬ病気を発症することがあります

。例えば毒素性ショック性症候群という病態です。

突然の高熱、全身の紅斑、嘔吐、下痢などの全身症状を起こします。

 傷口や手や指、鼻など皮膚に普通にいる黄色ブドウ球菌が

作る毒素が引き起こします。ある若い男性の症例が報告されています。

この男性は左足に靴擦れができて水泡が破れたままにしていたところ、

数日後に吐き気やむかつきを覚えたそうです。

病院で診てもらったところ...

November 21, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は午前エレベーター点検の為休診でした

午後の診察は行います。

さて、本日のテーマは逆流性食道炎です。

お酒を飲むとすぐにゴロ寝してしまう。

気持ちはよくわかります。

しかし、これは逆流性食道炎になりやすい生活習慣です。

 逆流性食道炎とは、強い酸性の胃液や、胃で消化中の

食物が食道に逆流して食道の粘膜がただれその一部が

喪失するなどして、胸やけや胸の痛みなどの症状が生じる病気です。

昔の日本人はあまりみられなかった病気ですが、

食事や生活様式が欧米化されることで、急激に増えています。

 恐ろしいことに逆流性食道炎は...

November 20, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は平常通り、午前・午後です。

さて、本日のテーマは糖尿病による感染症です。

みなさんは糖尿病というとどのようなイメージをお持ちでしょうか? 

太った人がかかる病気、口やのどが渇く病気、オシッコが

泡立つ病気などとイメージされている人も多いことと思います。

しかし、これは半分正しくて半分間違いです。

糖尿病は痩せている人でも発症しますし、

オシッコが泡立ったとしてもそれだけで糖尿病と判断できません。

糖尿病は食事で体に吸収された糖分が、身体のなかで使われず

血液中に高い濃度のまま留まっている病気です。

それが身体の...

November 19, 2018

こんにちは、弘邦医院の林です。

今日の診療は通常通り、午前・午後です。

さて、今週も平成30年11月5日(月曜日)から

11月11日(日曜日)までに、江戸川区内の医療機関で

診断された感染症状況から、みてみましょう。

 まずは法律で全症例を報告しなければならない感染症です。

1類感染症 報告なし

2類感染症 結核12例

3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症1例

4類感染症 E型肝炎1例

5類感染症 百日咳2例

(※1類・危険性が極めて高い、2類・危険性が高い、

3類・危険性は高くないが集団感染の可能性がある、

4類・国民の健康に影響を与えうる、5類・国が情報提...

Please reload

お知らせ

院長著書

April 25, 2016

1/1
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon